何故暴落したか・・・B-CAS終焉?

2012年4月5日01:35 | カテゴリー: エンターテイメント | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , ,

これさえあれば有料チャンネルも見放題、録画し放題という違法なCASカード、Black-CAS

これの価格が大きく落ちているという記事があった

ラブホにも流出必至 AV観放題の海賊版「B-CASカード」が大暴落

週間実話さんの記事だが、内容によると価格が大きく落ちていると言う
記事よれば5万円程度から2万円程度にまで落ちていると言うのだ

さて、全く使えないのであれば2万円も付かないし、やっぱ良いわコレ!っていうならば5万円も妥当だろう

なんで中途半端な価格になっているのか不思議だったけど・・・なんとなく理解出来た。気がする。。。

あやふやだが、どうやらコードが完全解析されたようだ
そしてそのコードも公開されているみたいだ。。。

まぁそれだけじゃぁ一部の機械マニアにしか実行は出来ないんだろうけど、これの存在がBLACK-CASの価格を一気に中途半端な値にまで落としているんだろうと個人的に思う

さて、この解析によって全てのカードが制御解除可能になるみたいだ
最初は一部の機械マニアだけの盛り上がりを見せるんだろう。
しかし次は解除されたカードを売る人達が出てくるだろう
TVやレコーダーにLAN接続でネット接続していなければ特定も出来ないだろうし殆どの家庭はテレビをネットに接続していない
またルータの設定次第では特定のアドレスにアクセスしない、受けないという事も可能だからそういうマニュアルを作る人達も出てくるだろう

つー事は・・・なんだ・・・B-CASシステムが崩壊って事になるかもしれない
それはだめって言ったら全てのテレビ・レコーダーのカードを入れ替えなくてはならない
それも費用的に考えて実行しにくいだろうから事実上現在の放送に適用されている暗号化は意味がなくなるのではないだろうか?

PT2も要らなくなる日は近いのか・・・どうなんだろう
どちらにしてもテレビは面白くなるに違いない

行き過ぎた著作権を声高らかに叫ぶ規制派閥が次の一手をどう考えてくるか、それもまた楽しみだ

意味が無くなってしまった場合はB-CAS社も存在がただの無駄使いって事になるのでどうするのか・・・

前にも書いた記憶だけど、アップデートしない暗号化なんて時間と共に破られるに決まってる
それをハーウェアに組み込んだ時点で悪い人しか入れない学校の門と同じだ。一般の人は閉まっていれば入らないけど、悪い事しようとする人は簡単に乗り越えられる。自分の人生が終わっていると自分で思っている人には防犯カメラは意味がないもんね

 

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。