これでいいのだ?

2012年5月19日00:28 | カテゴリー: アキバ, 団体 | コメントをどうぞ

カス利権団体がアキバを視察しているという噂が流れている中でひときわ元気にカス売ってるショップもある
そのショップではカスの番号を公開し、中古地デジチューナーとセットにして販売。
決済終了後、希望があればチューナー本体を1000円で買ってくれる仕組みだ

さて・・・OSのOEM販売と同じような手法だが、これは勿論マイクロソフトの承諾がある契約に基づくもの
今回の販売方法では所有権をもっている所の許諾はとっているのだろうか?(とれるはずがない)

また、買取もするという事ならば古物の許可証が必要
許可を受けた業者が買い取る場合は相手の住所等を古物台帳へ記載しなければならない
当然免許証等の書類の確認も必要となるが・・・どうやらそうした事は一切していないようだった
これに抵触した場合、即刻古物の許可が取り消される事も十分にあるのだ
粕カード売りたいからって頑張ったあげくスマホの買取が出来なくなると言う事態も予想される

とあるショップの話によるとこのお店だけで少なくとも600枚以上の赤粕を在庫しているそうだが、人事ながら大丈夫か?とちょっと心配になったりもする

先日からとあるカードリーダーが爆発的に売れたり、番号指定で粕が売れたりしているのはBCASのコード解析が完了した為と思われる
まぁアップデート無き暗号ってのは必ず破られるものだ。これはこれで仕方が無い事だと思う。
責任はこのBCASシステムを推進した団体にある

さて・・・暗号解読したデータをとある番号の粕にとあるリーダーを使用して書き込むとどうなるのかというと・・・
恐ろしい事に有料放送見放題になってしまうのだそうだ

これはこれで「へぇ・・・面白いじゃん」とか思ったが、有料放送のタダ見は窃盗と大して変わらない
実際問題使用しているユーザーを特定するにはテレビやレコーダーがインターネットに接続されていれば可能だが、そうでない場合はおそらくは不可能だろう
誰でもが簡単に書き換える事が出来るようになった粕。。。個人でそれをやれば有料放送が無料で見放題
広がる勢いによっては相当ヤバい状況になるんではないかと・・・

探せば誰でも見つける事が出来るファイルを誰でもが買える安いリーダー使って・・・ってきっと世の中そんなに甘くない
誰でもが出来るだろうが、ヘタに使うとまずい状況に陥る事があるからやらない方が良いと思うよ

つーか・・・CASに有料放送の鍵渡してるとかどんだけ・・・

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。