無駄に高さがあるだけの塔になってしまうのか

2012年10月28日18:21 | カテゴリー: 生活, 住宅 | コメントをどうぞ
タグ: , , ,

今年の8月くらいから深夜に突然地デジが映らなくなるという症状が続いた
このエントリーでも8月に1つ9月にひとつ書いている

結論と対策は9月に書いた通りで深夜になると特定のチャンネルが終了する。
電波のチャンネルというのは異なるチャンネルで微妙に干渉しあっているものだが、干渉する相手が少なくなると電波が強い状態で各家のアンテナに入力される事となる
設置されているアンテナの利得が大きいものであったり、不要なほどにブーストしてたりすると電波が強すぎてテレビに入ってきた時にシグナル0って事になってしまうのだ

確認の方法は簡単で深夜地デジ放送が止まってしまった時に携帯などのワンセグで番組を見る事が出来るかどうかでわかる

症状としては全チャンネル映らなくなる場合もあれば固有のチャンネルだけ映らなくなるものもある
家の中でアンテナ線が分配されている場合は番組録画や視聴を何台で行っているかどうかでも変わる

自分の解決方法としては9月の所に書いたが、ブースターのゲインを絞って調整した
それ以来症状は出ていない

さて・・・そんな事があった俺にこんなニュースが飛び込んできた

スカイツリー:電波障害、想定以上…機能移転大幅遅れ

ーーーーー引用ここからーーーーーーーー

スカイツリーのアンテナは東京タワーより200メートル以上高い位置にあり、ビル陰などによる受信障害は大幅に減少すると予想されていた。ところが、今年7月からNHKと民放各局が共同で、スカイツリーから試験電波を出して受信状態のサンプル調査を始めたところ、電波が強すぎることやアンテナの向きが原因で、全く映らない世帯が方角や地域に関係なく見つかった。

-----引用ここまでーーーーーーーー

やはり俺と同じ症状が出ている家があったのだと想像出来る
しかもスカイツリーのみの電波送出となった場合、干渉も少なくなるので各家への電波入力レベルは今より上がる所が多いのだろう
一見エコで良い状況のような感じもするが実際問題利得の高いアンテナやらブースターなどを利用している家庭も多く、スカイツリーの運用開始にはまだ時間がかかると思われる
また、1個のアンテナから分配される地デジ電波は各部屋でテレビをつけているかどうかで入力レベルが変動する
試験する際には最小の視聴と最大の視聴(裏番組録画しながら全部屋のテレビを視聴)を試さなければならない

記事によると2013年1月の運用開始は無理との事だが、難視聴区域も当然ながら今回のように比較的電波状態が良いエリアでも障害が起こる場合も想定される
送信出力を加減するだけで済む話なのかどうか、莫大な経費がかかる調査が必要だ

 

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。