AsRock ITXマザーボード H61M-ITX購入

2013年3月14日22:59 | カテゴリー: アキバ, PCとか携帯とか, 安物買いの・・・ | コメントをどうぞ
タグ: , , , , ,

特に欲しかったってワケでもないんだけど秋葉原エディオンさんが完全閉店という事で何か買っておこうと店内を俳諧してて見つけた

h61m_itx_01AsRock H61M-ITX 20%OFF価格でお値段5928円

使う予定も無いから希望の機能も無いんだけど、ITXって拡張があまり無いからオンボードの機能がどの程度使えるかがポイントになる
またATX・MicroATXと規格はあるがどういうワケかITXは高い
やはり小さい事はお金かかるって事なんだね

さて、ボードを見てみるとh61m_itx_03
細かくてよくわからないw

h61m_itx_02バックパネルはこうだ

書いてみると・・・
ソケットは1155、SATAはSATA2規格で3Gb/sまでで3個まで。今は6Gb/sのSATA3ってのもあるが3Gb/sでも十分な速度だ
3個までという制約もあるがこれもケース次第だろう
H61ながらUSB3.0が使えるがバックパネルの2個のみで内部ピンヘッダのUSB3.0は無い
モニターへの接続はD-Sub15pinのアナログ接続・DVI、及びHDMIと3種類。制約はあるが複数のモニターへの同時描写が可能
メモリーソケットは2個でデュアルチャンネルDDR3、1600/1333/1066をサポートし最大で16GBまで搭載可能
CPUへの対応がH61なのに広くて面白そうだ
OSの対応はWINDOWS7まででWINDOWS8のサポートは謳われていない

基本的に安物マザーボードだからあまり欲をかくべきでもないマザーだけどUSB3.0対応は必須だと思う

このマザーボードの他にシャトルのベアボーンであるH61-R4ってのが19800円の50%OFFだった
こちらも背面にUSB3.0が装備されていて良いっていえば良いのだが、イマイチ割高感あったのでマザーだけで6000円って感じにしておいた

マザーボードとは少し関係ない話だけどエディオン秋葉原さん。もう少し周辺のショップの価格を見ていればこんな事にはならなかったんじゃないかなぁ。。。
ドスパラさんで売ってる価格が6700円、BuyMoreさんだと5800円程度のPCケースが28000円でしかも型遅れとか秋葉原で売れるはずが無い
その他パーツも秋葉原にしては割高のものが多く、エレベーターであがらなければならない事を考えるとパーツ買う時に巡回コースからも外れていた
シャトルのH61キューブにしたって大抵は15800円程度なのに売価19800円だもの・・・100m歩けば数千円安いならそっちで買うよね

まぁそんな事は俺の考えることじゃないからマザーに戻るけど、使うとしたらどうなんだろう?
ローからミドルロー程度のPCを組んで遊ぶかなぁ。。。
でもその程度だと3万円で買えるi3ノートPCとどう違うんだろうか・・・
まぁゆっくり考えよう

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。