H61M-ITXにCPUクーラー装着

2013年3月19日21:48 | カテゴリー: PCとか携帯とか, 役に立たないPC弄り | コメントをどうぞ
タグ: , , ,

CPUクーラーS85も手に入ったCeleron G1610を搭載したH61M-ITXに乗せてみる事にした

cpu01まずはこのように置いてみたんだけどコンデンサーが干渉しているようなしていないような・・・ギリギリ感があったcpu01_1

なんかもうすごく微妙だw

これでグリス入れてネジで押さえたら干渉するのかもしれない

しないのかもしれない

cpu02次にこのように置いてみた

そしたら別な所が微妙になったcpu02_01

これも干渉してそうでしてなさそうで・・・

よくわかんないw

紙1枚の差って感じなんだよねー

cpu03次にこんな風に置いてみたら特に心配な所は無かった

最後にこう置いてみたcpu04

これも微妙だった。。。

という事で3番目の置き方に決定した

gurisuバックプレートをセットしてマザーボードの穴にクーラー付属のシールみたいなワッシャーを貼って上からクーラーを乗せてネジ留め

ここで忘れちゃイケナイのは新品のCPUクーラーには底面に保護シールが張ってあってura01

これを剥がしておかないと後でCPUが高熱になっちゃうw

当たり前の事なんだけど忘れる時ってあるんだよねー

特にこういう小さいPCはバラすの面倒だからゆっくりやらないとね

kanseiそんで完成

まぁうまくいったかなー

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。