メモリーはUMAXにしよう

2013年3月20日01:19 | カテゴリー: PCとか携帯とか, 役に立たないPC弄り | 3件のコメント
タグ: , , , ,

CPUを取り付けクーラーを乗せたH61なITXマザーボード。
今度はメモリーを選んで乗せるワケだが、今回のPC組み立てに関しては目的が無く、これといった判断材料が無い

しかしながらCeleron G1610のページを見てみると

Memory Specifications
最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存)
32 GB
メモリーの種類
DDR3-1333
メモリーチャネル数
2

こんな感じで出ている
このG1610は DDR3-1333というメモリーを使用し最大32GBまで使える。バンドはデュアルチャンネルという事らしい
しかしマザーボードの制約上事実上最大メモリー搭載容量は8GBが2枚で16GBまでという事になる

そこで手持ちのメモリーの在庫状況はDDR3-1333は2セット
一つは4GBの2枚組で合計8GB
もう一つは8GBの2枚組で合計16GBという事でなんとなく容量の大きい方でUMAXを使うこととしたumax

DDR3-1333なんてもう使う機会もあまり無いんだろうしどうせなら大きい方使った方がいいかもね

でもまぁ、一般用途であれば最低2GB。出来れば合計4GBあれば大抵の事には困らないからなんだって良いんだけどね

ちなみに今現在このメモリーを買うと大体8000円って所だろうか
合計4GBであれば3000円程度で買えるって感じだ

umax2メモリーのインストールは至って簡単な作業でアッサリ終了

挿すだけだから誰だって出来るよねw

広告

3件のコメント »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

  1. 確認していると思うので大丈夫だと思いますが、
    Intel 6シリーズにIvy挿せるのはBIOSアップデート後です。
    比較的新しい出荷品なら出荷時の段階でIvy対応BIOSですけど
    それなりの在庫品だった場合は、G1610だとPOSTしないと思いますよー

    • ご心配ありがとうございます。
      一応確認はしているのですが、ダメならダメでそれはそれですね

  2. […] こいこいさんからのご指摘を受けたのでボンヤリ考えながらアキバを徘徊しながらなんか嫌な連想をしてしまった まぁPOSTすればそれでヨシ、しなければ適当なCPU突っ込んでBIOSをUPだな。。。面倒だな。。。なんて考えつつ、電源廻りを思い出していた。 ケーブルの長さはどうだろうとかそんな事考えていたのだが、どうしても思い出せない場所があった 確かに電源のメインは20pinだったけど、4pinのATX電源のケーブルを見た事が無い。。。 ありゃありゃ。欠品かなぁ。売ってるのかなぁなんて東映さん覗いたら売ってた。 じゃぁもしも無かったらここで買えばいいよねーなんて思いつつ帰宅してケースを開けて確認して驚愕w 付属品に4pinATX電源ケーブルが無いばかりか電源基板に4pinATX電源コネクターそのものが無いwww そうなると・・・このケースで使うには、この2つのどちらかから分岐させて4pinATX電源コネクターを作らないとダメだ […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。