子どもの安全に関する世論調査で子供にスマホは不安71.9%

2013年9月8日00:11 | カテゴリー: インターネット, ゲーム, スマートフォン, セキュリティ, ニュースと政治, PCとか携帯とか, 携帯電話 | コメントをどうぞ

内閣府の調査で子どもの安全に関する世論調査というのがあったらしい
その中で

子どものスマホ使用“不安”71.9%

リンク先は日テレで現在ではまだ政府のPDFは出ていないみたいだ

さて、ここでもはやり18歳未満を「子供」としている所が少々気になる所だが、携帯電話を持つ年齢というのは地域や環境によって様々だと思うが小学生の後半あたりから・・・中学生程度で・・・ってな感じなんだろう
勿論、この話では高校生も含まれる

さて、親が不安になる要素としてはどんなものがあるのだろうか?
・SNS等で知らない人と知り合って不順異性交遊的なものは始まってしまう
・携帯で自分の裸をネットにアップしてしまう
・知らない人と知り合い、強請られたり暴行的な被害に会う
・冗談と思いながら投稿した内容で逮捕される
・冷蔵庫に入って高額な賠償を要求される
・学力が落ちる
・生活の時間のほぼ全てをスマホに費やす

まぁこんなベクトルかと・・・
LINEに代表されるSNSは知人ととの連絡には非常に便利なアプリだが、システムの性質上どうしても友達の友達?から招待されたりリクエストされたりする。
学校等でリアルに知っている友人をメンバーにしていても、その友人の電話帳が参照されてこんな人がいるよってな感じでお互いに紹介されちゃうらしい。
一般的に友達の友達は赤の他人なんでここにおかしいのが紛れ込んでくると危ない話になりやすいのだろう
また、機能としてメッセージを見たかどうか送信者にわかる仕組みなので、既読してから返信が遅れるとかな~り気まずいという集団が多いみたいだ
これがまた、ずっとスマホを手にとってしまう事にも繋がってしまうそうだ

女子に多い、自分の裸をネットにアップという現象はスマホに限った事ではなくガラケー時代にもよくあって、2chが携帯電話から投稿出来なくなった理由というのが、これに当たるという記憶は新しい

また、リアルに教室でふざけてるのと勘違いして簡単に「殺す!」とか書いちゃう子供もいたりして、当然今の状況ではこれで警察が動く
実際問題リアルでちょっと言い合いになった時に「テメェ!ブッ殺す!」というセリフはかなりの数を聞いて来たし随分言われた経験があるが、誰も死んではいないし俺も生きてる・・・けど時代は変わったのだ。

冷蔵庫に入るというのは比較的新しい荒業だけどユニバーサルでやりたい放題を自ら自慢げにSNS投稿してたアホ学生も記憶に新しい
こういうベクトルは徐々にトーンダウンしていくと思うけど、実際には親に高額な賠償請求がやってくる事が多いと思われる

年齢が低ければ低いほどスマホ=ゲーム機という感覚が大きく、世間的には「これは電話」と言いながら「大手を振って持ち歩けるゲーム機」という面も持ち合わせている。
このゲームもオンラインが多く、ゲームの中でメッセージのやり取り機能があるものがあり、ここでも知らない人と知り合ってしまう事がある。
PSPをずっと手にしていると怒られてしまうけどスマホだとゲームをしていてもなんとか言い訳が出来たりする所が子供には都合が良く、課金する側にとっても金は親が払い、買うかどうかは子供が決定しやすいという商売的にはかなり都合がいいと思われる方法となっている。
課金の支払いはゲームによっては様々な方法があるので親が携帯の明細をチェックするだけではなかなか分かりにくいという一面もあると思う

まぁ親の不安と言われるものは以上のような事柄が多いんだとは思う。

では・・・どうしたら親は安心で子供は楽しいスマホライフを送れるのかというと・・・これは利害が相反するのでたぶん結論は出ないw
スマホじゃなくても掲示板やブログが気になってPCから離れられないって人達がちょっと前にいたとは思うけど、そういう系の人達の形と数が変わったと思えば・・・余計に不安になるねw

でもダメだダメだ言っていてもまわりの子供達がどんどん持ち始めるワケだから最後までダメって言い張ると、その子供だけ仲間外れ的になってしまう可能性も大きくなっちゃうのである程度の所で折れるしかない状況だと個人的には思ってる

この状況で親の心配を少しでも払拭するならば18歳未満は親が認めていようと無かろうと18歳未満用のSIMを義務付けて、機能を制限するか特別な団体を作り管理や監視を行い適度に警告を促し続けるとか地道な金のかかる努力が必要になってくるのかもしれない

「電話」は「電話」、「ネット端末」は「ネット端末」とはっきりわけられないから仕方が無いって気もするよねぇ

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。