74億円の特別損失を計上とか

2014年5月3日00:54 | カテゴリー: おかしくね?, 安物買いの・・・, 家電 | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , , , ,

個人的にもよく行くホームセンター、コーナンが中国製のプライベートブランド商品で日本の規格であるPSEマークの認証を正式にうけていない商品にPSEマークを付けて販売していたのがバレて1000品目に渡る商品の回収を行なうと報道があった。
更にその回収によって発生する特別損失は74億円だという報道もある

まさにチャイナリスクを一手に請け負ったって形になるのだが

第一に中国のどの程度の企業だかわからないけどハナから信用するのが間違いだよな
第二に「回収」という言葉を使っているが実際には「返金」って事になるんだろうけど、コーナンは返品や返金に関しては一般的な量販店よりシビアだ。
疑問だが、電源タップなんて購入レシートなんか保存していない人が殆どだろうけど、それでも持っていったら返金してくれるのだろうか?
更に電源タップや電球などは確認するのも非常に面倒で一体どこを見ればコーナンのPB商品だとわかるのだろう
高齢化している世の中で家中の事務所全部の電源コードや電球などの電化製品をチェックするのは場合によっては危険な場合もあったりするだろうな

また返金に関してだが、同じ商品でも時によって価格が変動している時もあるけどレシート無しでいくら返金になるのだろう???

コーナンは回収すると言ってはいるが事実上、各家庭で調査するのは難しいものが多く、ヒーターや扇風機などを除いては回収不可能じゃないかと思う。
だから74億円もの損失金額は出ないんじゃない?って思う。違う意図があって特損74億って言ってるなら別だけど
そうなると対象の商品が万が一にも火を噴いて火災になったと立証された場合は保障とかどうなるのだろう。。。これ結構火災の事後だと消防はキッチリ調べてくれるから立証される事もあるんじゃぁないかなぁ

コーナンのHPや報道を見る限り、回収すると言っているだけで回収品目一覧は掲載されていないし条件も書いていない

中途半端な事業を展開していたワケだから責任はキッチリとってもらいたいとも思うが、コレ、適当な大きさの会社だからここまで大きく報道されるし全品回収とかも宣言するんだろうけど、一般人は聞いても知らないような代理店が仕入れてアキバ等や激安ショップで販売されているような商品は、調査のしようも無く、判明しても責任の所在すら曖昧。
アキバのショップ等ではスマホの充電用にコードやAC-DCコンバータ等が異常とも思える価格で販売されているのだが、これらに関してはどうなんだろうね

ぶっちゃけ国外で適当にPSEマーク付けて代理店に流しちゃえば誰もわからないんだろうな。。。
そんで事故が起きた時には誰も責任を取らないで使用者が全責任を事実上負う事になるんだろうね

俺だって家庭用100VからUSBへ電源変換するアダプターとか、USBハブやら電源タップやら買うけどレシートなんて捨てちゃうし、保存してあったとしてもレシートと現物とすり合わせるのは至難の業だだもの

主にアジアからの適当かつ安価な電化製品が日本国内にガンガン流れ込んできているけど、ここらへんで法規制やらチェック体制をしっかりしてくれないと消費者は困るんだよな。。。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。