フリード納車

2014年10月13日01:39 | カテゴリー: 通信, , 安物買いの・・・ | 3件のコメント
タグ: , , , , , , ,

今日ホンダフリードを引き取りに行ってきた。
12年ぶりの車両購入だった。
本当は先週の日曜日に納車予定だったのだが、台風18号が来るとの事で納車を遅らせていた。
今回も19号が来日されるとの事で見送る事も考えたのだが、そんな事やってると1ヶ月点検になっちゃうよって事で本日納車となった。
まぁモビリオは車両保険未加入でフリードは車両保険加入って事だから本来水害にあった場合、担保されるのはフリードの方だけど気分的な要素が大きいのも事実。

保険だが、今回初めて車両保険に加入した。
エコノミーってやつで、車対車で相手が特定出来る場合のみに担保されるという中途半端な車両保険だw
何故にっていうと、最近いかにもお金が無いとしか見えない外国の人が運転する車が多し、一般的な車でも任意保険に入らないで運転している車が増えてきたなぁと感じる事が多くなったからだ。
強制保険といわれる自動車損害賠償保険だと対人には支払われるのだが、対物には払われない。
払われない場合は運転者及び雇い主が払うのだが、雇い主に支払い能力が無ければ払いようが無い。
そんなワケで数年間の間だけでも車両保険に入ってみようかと・・・

さて、愛しのモビリオに別れを告げてフリードの説明と受けたのだが、これがまたややこしいw
こんなファミリーカーになんでこんなに詰め込んだのかと思う程に説明が多く理解するのが困難だった。
それでもGB1たるモビリオからの乗り換えなので違和感は少ない方だと思うけど。
何よりも面倒な説明としてはキーの事freed_key1
このキーを持っているだけで施錠可能との事で、フリードのエンジンスタートも可能。
車両にはエンジンスタートの際にキーを挿す必要は無い。
じゃぁ持っていればいいじゃないかと思ったのだが、ケースバイケースではややこしい話になる。
ちなみに画像左に映っている白いタグの表にはバーコードと記号が書かれており、キーの再発行にはこれが必要との事

仮にAがキーを持っていて運転をせずにBが運転しても何も問題は無いが、Aがキーを持ったまま車を降りても車は動けるという。
しかしその後、Bが1回でもエンジンを切るとエンジンの再スタートは出来ない。
Aが車を降りる時に走行不能になった方がマシな気がする。。。

また、通常通りにエンジンを停止させ、施錠すると赤いランプが点滅する。10秒程度経過するとその点滅速度が更に遅くなる。
このタイミングなのかこのタイミング以降なのか定かではないのだが、車内に残った人が内側からドアを開けるとクラクションがなり警告するようになっている。
時間決め駐車場でよく勝手にクラクションがなっているのはこれだと始めて知った。
クラクションが鳴ってしまった場合はリモコンキーがあれば開錠キーONにて停止出来る。
そのままでもいつかは止まるとの事。。。(5秒程度か)

今回マイナーモデルチェンジ後って事なのでこのリモコンきーは2個付いてくるのでオプションで注文しなくても済んだのは良かった。
しかし俺がキーを持っていて、カミさんもキーを持っている場合はどっちのキーが認証されて運行されているのかはわからない。
まぁこの場合実害は無いんだけど

悩むのはこのリモコンキーをどう持ち歩くのか・・・って事で、車にささないで良いって事はポケットに突っ込んでおけば良いって事にもなるが、ドアの開け閉めとかではリモコンキーを操作する事になる。
穴が開いているので、ここにリングを通しておけば携帯にたやすいかと思うけど実はリアルキーもここに隠されていて・・・freed_key2

リモコンキーが分離できるようになってるのだ。
勿論、ラッチを操作しないとキーは分離しない設計になっているのが、ベルトに下げて歩いているような場合、何かの弾みでラッチが引かれてしまった場合はキーだけが残りリモコン部分は紛失してしまう可能性がある。
この辺、滅多にリアルキーを使わないのだから、もう少し改善して欲しいと思った。

気になる燃費だが、メーターをリセットして比較的空いている市街地をエコ気分で走行したらメーター読みで17Km程度だった。
これがいつもこの数字を出してくれるなら1500CCガソリン車としては相当優秀って事になるだろうけどそうもいかないんだろうな

純正ナビも付いていた。このおかげでバッテリーは38Aのものが装備されていた。
調べてみると5519Lまでは皿の交換無しにバッテリー交換出来るらしい。
5519Lの安売りを見つけたら買っておこうと思う。

この純正ナビは通信モジュールも付いていて、通信を行うのだが、これについて特に携帯の契約とか月々の支払いというものは無い。
これのおかげかわからないけど渋滞情報も表示される。
ワンセグも視聴できるが画面が大きいので画質はあまりよろしくない。
まぁ車でテレビを見る習慣も無いので問題も無い。
更にSDカードに入れた音声も再生可能との事で、他にCD再生とラジオも聴ける。
これのコントロールはハンドルに付いているスイッチで音量調整とかテレビのチャンネル切り替えとかも可能。

初日って事でいろいろわからない事だらけだけど、これからよろくしね、フリード君

広告

3件のコメント »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

  1. […] 納車直後に書いたキーエントリーシステムだが、気がついた事を補足しておくと 誰かを駅に乗せていくような場合、信号で止まったからここで降りちゃいな!みたいな時にドアが開かない。 シフトレバーをパーキングに入れないとドアが開かないみたいだ。 また、エンジンをかける時にドアを閉めないとエンジン始動出来ないみたいだ。 急な冠水等でバッテリーが突然死してエンジン止まったらドアは開くのだろうか?ちょっと不安。 鍵がかかっている状態からリモートキーを持っている人が近くにいれば運転席・助手席・テールハッチのラッチを触るだけで解錠する。 シートベルトをしないで走行しているピーピー鳴るが数秒で鳴り止む。 しかし数分経過するとまたピーピー鳴るw このシートベルト着用義務だが、これだけ厳格にやっているのは恐らく日本だけだろう。 […]

  2. […] 今年ホンダモビリオからホンダフリードに買い換えた。 まぁ、同じメーカーのファミリーカー同士だし形式もGB1からGB3へという車名は違うが中身ほぼ同じという買換えだから大してブログにアップするような事も少ない。 […]

  3. […] なんともうあれから3年も経っていたのが感慨深い。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。