事務所のエアコンが修理不可能

2014年11月6日23:34 | カテゴリー: 家電 | コメントをどうぞ
タグ: , ,

事務所で使っているエアコンはナショナルのツインロータリーエアコン。
内機の型番がCS-G40E2。
まぁ大抵の人にはピンと来ないだろうが、機構的に精密に作られており、今では作る事が出来ないといわれているエアコン。
10年くらい前だろうか、修理をパナソニックに依頼して来たサービスマンがすごく感動して、「壊れた時は必ず呼んでください。絶対に直します!」とか言ってたけど、その人だってもういないかもしれないしねぇ。。。

まぁエアコンってのは冷房の時は内機が冷房、外機が暖房になり、暖房の時は内機が暖房で外気が冷房と切りまわるのだが、その制御弁が内機的に冷房のまま動かなくなってしまったようだ。
パナソニックサービスの人も会社に連絡とってパーツの有無を確認してたがもう無いとの事。

そういえば今朝電話があって「3時から4時くらいの間に伺います」って事だったが、結局きたのは20時過ぎだった。
こっちは仕事場にいればいいだけだから良いけど、移動ありの現場仕事でこんな長時間だと危ないかもしれないよね

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。