グリーンハウス犬型USBクッションGH-USB-APを解剖してみた

2015年1月5日03:25 | カテゴリー: おかしくね?, 生活 | コメントをどうぞ
タグ: , , , , ,

寝ていたらカミさんから「焦げ臭い!」と指摘されたので使用を中止したグリーンハウスの犬型クッションGH-USB-APを解剖してみた。

inu01予想通り、中に入っている発熱用モジュールが焼けていた。
焼けていたというよりは熱で溶けたという雰囲気かもしれないinu03

構造としてUSBケーブルから何の部品やらパーツを経由しないで直接ヒーターに接続されていた。

また、ヒーターを付けている黒いシートは中の白いクッションに固定されているはずだけど実際には黒い糸1本しかなかった。

inu04元々は四隅で固定されていたかもしれないけど3本が切れてしまったいたのか当初から固定は糸1本だったのか不明inu05

ヒーターシートが固定されてないので電極がショートして、ヒューズも無いのでそのまま加熱し続けた結果、内部を焦がしたという設計不良そのものな現象だと思う。
まぁ、四隅が固定されていたとしても構造的にショートは十分に考えられる。

inu02USB電源と言う比較的微弱な電流でもヒューズなどの安全装置は必要だと思うけど、そういったパーツは無いし、電極に繋がっているコードは内部で固定されていない。

中国製だとこういうのは当たり前に存在しているんだけど、今回は中国製なれどグリーンハウスのメーカー製でもある。

他のメーカーの製品もこういった火災を誘発するような構造のものが世の中に出回っているのだろうか。。。
電気式ヒーターとかも製造者が日本国内メーカーでも生産が外国って場合は非常に不安がある。

本当にヤバいの監督省庁やメーカーはもう少し管理や指導を徹底して欲しいと願う
点けっぱなしで放置してたら間違いなく火事になりますぞ

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。