鰻の蒲焼はインドネシア産へ

2015年3月22日23:36 | カテゴリー: グルメ, 生活, 安物買いの・・・ | コメントをどうぞ
タグ: , , , , ,

una1日曜日の出先でイオンという大型スーパーへ立ち寄ったら鰻の蒲焼が販売されていた。
特に珍しいという事もないんだけど、原産国がインドネシアと記載されていた。
長焼きサイズでお値段1050円という中国産とほぼ同じ価格帯。una3
これは試してみたい!って事で購入し、あとでゆっくり画像撮影してブログへアップ・・・と思っていたんだけど、勝手に暖められその日の晩御飯に出てきてしまったw

おかげでパッケージ等は生ゴミの中から探して撮影と言う結果になってしまった

una2今までは国産か中国産かの二択しか無かったのだが、中国産ってのはどうしても信用が出来ないので敬遠していた。
まぁ月に1度程度以下だから1000円だろうが5000円だろうがあまり変わらないんだけど、中国産以外の選択があるならば試してみたい。
こういった需要が多いんだろうとイオンが予想していたかのように「インドネシアの稚魚(シラス)を日本人管理のもと育てました。肉厚で脂がのっています。」とわざわざシールも貼られている。

まぁ、イオンが言う日本人ってのはどんなかわからないけれど、そこまで疑っても仕方無い。

マイナスな事が多くたって、中国、韓国大好きなイオンでこれが販売されているのも不思議な感じもするけれど、売上げには逆らえないのかもしれない。

ともあれ食べてみた。
絶賛する事もないし、否定する事も無い普通に鰻の蒲焼だった。
脂というか堅さは昭和の鰻っぽいイマドキでは「柔らかくはない程度」で堅いって事はないが、フワフワでもない。
蒲焼だから本来の味は分かりにくいけどいたって普通。
安全性とか全く不明なれど中国産でないってのは嬉しい限りかもしれない。
冒頭でも書いたけど、数が多かったり毎日買ったりするのでなければ多少価格が高くたってトータルでそうそう変わるもんでもないから、国産の方が良いとは思うけど、選択肢が多くなったってのは良い事だよね

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。