Freetel priori3s LTE アップデート

2016年2月22日22:03 | カテゴリー: おばか, スマートフォン, 通信, MVNO, PCとか携帯とか, 安物買いの・・・ | コメントをどうぞ
タグ: , , ,

2万円切りという破格で売ってるFreetel priori3s LTE。
俺はデータSIMを2枚突っ込んで遊んでいる。
データSIMしか挿していないから問題は無いが、ここ数日この端末にとんでもない事案が起こっていた。
それはスペックに表記されているバンド6に対応していないとの事だ。
バンド6って分かり難いけど「プラチナバンド」って言えば耳にした事もあるだろう。
ドコモで言うところのFOMAプラスに使われるバンドだそうだ。

まぁ。。。俺はデータ専用にしか使わないから無問題ながらこれでは電話としては使いにくい。
地方都市に度々行く人なんかは一般的な音声契約の携帯電話で電話出来ないって事になる。
priori3s_01ここ3日ばかりそんな話で持ちきりになっていたのだが、今日1回目のアップデートがあったので早速やってみた

事務所にいたのでWI-FIにて繋いでバッテリーにて行った。

ダウンロードが終わりボタンを1回押すと始まったpriori3s_02

待っていれば勝手に再起動して使えるようになった。

priori3s_03使えるようになったのは良いが挿しているSIMカードのAPN設定はリセットされてた。

たまたまFREETELのSIMも入っていたので、それはAPNリストの一番最初だから認識した。

次にmineoだが、意地悪かどうかわからないけどAPNリストの一番下になるwww

これを設定から切り替えて、優先SIMを設定。通知領域からデータ接続をONにして回復したScreenshot_2016-02-20-01-09-21

せっかくアップデートしたんだからこういう所も直して欲しかったと思ったけど、今回の不具合はよっぽど深刻だったらしく、こういうのの修正はなかった。

この修正によって俺はわからないけど、FOMAプラスエリアにて通話が出来たとの話も出て来たので一応の成功といえるんだろう。

さて、今回Freetelは結構大きい危機を乗り切った感じだが、その対応はダメだったようだ。
ツイッターに製品の事をつぶやけば速攻で答えていたサポートは見事に沈黙し、話題にだせば答えてくれていた社長も沈黙。
Webサイトにはなんの声明も出さずサポートの電話も繋がらないといった対応だったようだ。

危機は乗り切ったがFREETELという会社は顧客からの信用は失ったみたいだ

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。