4年ぶりにドカ雪降った

2018年1月25日 03:54 | カテゴリー: おかしくね?, 生活, | コメントをどうぞ

1月22日の夕方位から降り始めた雪。
最初は粉雪だったものの見る見るうちにボタ雪となり、あっという間に十数センチ積もった。
午後8時くらいに終業し、女性スタッフを乗せて車で帰還。
女性スタッフを送り届けたまでは良かったけれど、自宅に帰るのには踏切を通過する。

ところが京成電鉄の踏切だが、妙なアナウンスが継続的に流れていて一向に開かない。
「危険です、早く踏切から出てください」「危険です、早く踏切から出てください」「危険です、早く踏切から出てください」「危険です、早く踏切から出てください」「危険です、早く踏切から出てください」

恐らく積もった雪が線路内立入感知センサーの前に積もって誤検知しているのだと予想される。

当然ながら電車に向けての信号は赤になり規則により電車止まらなければならない。
見るとその後方にも電車が止まっている。そしてその後ろにも。。。
仕方なくそうにゆっくりと電車が信号を無視して通過していくにもあまりにもゆっくりで後方から次々と電車が追いついてくる。

これでは踏切が開くまで何時間かかるかわかったもんじゃない。っていう事でアンダーパスの道路へ迂回した。
ところがここから急激な坂道を避けて帰宅するには相当の遠回りを余儀なくされた。
途中見かけたのが車を乗り捨てて徒歩で帰ってしまった人達。
でも、今回は随分前から雪が降ると騒がれていたのだからタイヤチェーンくらいは装備しておくべきだとは思うんだけどどうなんだろう

広告

まだ余裕あるみたいでなにより

2018年1月24日 18:50 | カテゴリー: おかしくね?, おばか, コンピュータとインターネット, コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ

銀行の担当の人が会社にやってきた。

大した話も無かったのだが、取敢えずインターネットバンキングをやってくれとの事だった。
この銀行のネットバンキングは一度やってはいたのだが、メインであるみずほ銀行だけで十分だったのでその後解約した経緯がある。
だから本来は不要なのだが、会員様からの料金徴収業務が引き落としに出来れば多少の手数料を払ったとしても有意義になる。
そこで各銀行さんがこの話を持ってきた時に要求する事があって、引き落としデータを作成する為のソフトは用意出来るのかと・・・

答えは「わかる人間に聞いてみないと・・・」って事だったので、後日EBがわかる人間を呼んで話をするけっかとなった。

後日EB(エレクトリック・バンキング)の担当の人を交えて話を聞く事になったのだが、彼は銀行のEB担当って事で引き落としデータを受け取った後の事なら専門だが、それ以前の事は専門の人じゃないとわからないと言う。。。
でも、下部組織に○○コンピューターサービスという会社があるのでその担当を後日呼ぶ運びとなった。

そして後日、コンピューターサービスの担当が2名やってきた。
「コンピューターサービス」という名称のソフトウェア専門の会社なので、それなりのモノは持っているんだと思っていた。
そう、この時まではそう信じていた。
名刺を渡されて着席して出された資料に目を通すとそれは私立の学校経営用のものだった。
確かにベクトルは似ているが数百名同じ単価を設定する事は無いし、突発的な請求は全て手打ちになる。
そして科目が10個くらいしかない。
こちらとしてはその項目は1400程度必要になる。
まぁハナからドンピシャのソフトウェアなんて無いんでカスタマイズを自分ですれば良いのかと思ったら設定可能な場所が異常に少ない。
これだとそんなに設定を詰めたとしても毎月数百から千件程度は手打ちで直さないとならない事になる。
そしてカスタマイズをオーダーする事も可能だと言うが価格が最低でも400万円からって言ってた。

その価格帯はうちには無理な予算だし、万一オーダーしてもこの調子じゃきっと役に立たない。

そんで結局、自分がaccessで組んで全銀協データを作れば良いって事になった。
まぁやって出来ない事も無いんだけど勉強しながら作るわけだから時間もそれなりにかかる。

結局この話は「ご破算」って結論になるんだけど、ここに行き着くまでに支店外からの要員調達1名。更に子会社から営業2名を全く違う日に呼んだって事になる。
支店に一人でもわかる人間がいれば時間も要員も不要だったけれど、支店の人間がわからなかった為にここまで時間と人件費を捨てたってわけだ。

実はこの銀行、仲の良い友人が役員を務める会社。この話の途中で話をしてみたら「今、銀行は苦しい状況にあるが、こういった収益を本社は強く望んでいる。だって何もしないで手数料が毎月入ってくるわけだから塾やプール等の月謝的なものがあれば全国的な数字にすれば相当なバリューを稼げるというのだ。

結果的な感想としては、支店は本社に対して気軽にモノを聞ける雰囲気ではないって事とソフトを1つしか有していないコンピューターソフト専門の会社が存在しているって事だ。

俺が経験してきた会社とは違い、一部上場の会社なんかはこことここは全くの別物って雰囲気の壁が高く聳え立っており、下からは気軽にモノを聞ける状況ではなさそうだ。
そういえばみずほ銀行がワンタイムパスワード生成トークンを送付してきた時も支店の人は、それがなんなのかわからなくて本社に電話して「書類もみていないのか」と電話で怒られていた。
ビックリしたのはコンピューターサービスというソフトウェア専門の会社でありながらたぶん開発者はいないのだろう。一回外部に依頼してつくった大規模な集金に対応した1つしかないソフトウェアだけで十数年も成り立ってきたわけだ。
プログラムの書き換えを要するカスタマイズが入った場合は、外部に委託するんだと想像が容易い。

つまりこの○○コンピューターサービスって会社は全くコンピューターの知識や経験がなくてもお給料がそれなりの金額で貰える美味しい職場って事になる。

銀行は今、厳しいとか言いながら結構余裕あると感じた

高齢者の交通事故

2018年1月12日 20:38 | カテゴリー: おかしくね?, , 交通 | コメントをどうぞ
タグ: , , , ,

ここ数年、高齢者の交通事故の報道が多い。
報道の仕方としては
「まーた高齢者だよ。もう免許返納しないさいよ」
という印象を持つように方向を定めて記事を書いているように見受けられる。
しかし、確かに高齢者も事故を起こすけどそれ以外の人も事故をおこしているのも事実。
違うのは報道されたかされていないかの違いしかない。
昨年年末に弟の嫁さんが事故にあったが、全く報道されなかった。当たり前といえばそうなのだが、仮に相手が高齢者だったらと考えるときっとテレビのニュースで紹介されていたんだろうと考える。

脳内での予想はこうだ
記者「デスク!高齢者の交通事故見つけました!」
デスク「お!!!やったな!偉いぞ!どんな事故だ?」
記者「発進しようとしてバックでコンビニに突っ込んだようです!」
デスク「やったね!ばんざい!すぐに画像を集めて来い!記事はいつものようにボケちゃった高齢者だから当然って感じに書いておけ!!」
記者「わっかりやした~~いってきま~す」
デスク「気をつけてなーー!」
とかやりとりしている姿が目に浮かぶ
もうこうなったら取材する側が高齢者になるまで続くしかない

高齢者の運転には考えていく必要はあるけれど、報道の仕方を見ると高齢者は全員運転したら悪そのものであり無責任であると感じるように文章が成立する。
確かに一定の機能が萎縮してしまった場合は危ないのも事実なんだけど、東京郊外あたりだったら車が無くとも生活は出来る。
しかし田舎といっては怒られるかもしれないが、次の電車が5分以内に来ないような地域では車が無いと生活そのものが困るというジレンマもある。
本来ならばこういったケースをケアしていくのが社会福祉というものだけど現在の地方行政は国や地域の正義のためには機能しているとは言いがたい。

前文で電車が5分以内・・・といったけれど、5分以内の地域でも高齢者がタクシーを呼んだって大抵は断られる。
高齢者ほど歩くのがリスクだからこそ連れてってくれる足が必要で多少割高であってもタクシーを使おうと電話をかけるもいつも返答は「いっぱいなので行けません」という内容だ。
まぁタクシー会社にしたって高齢者が行く場所って本当に近いから儲けが薄いのも事実だけどタクシーすら来てくれないのに車を運転出来ないというのはもうずっと家にいろという事になる。

高齢者から免許を取り上げる運動には反対はしないが、車が無くとも当たり前の生活が出来るようになってから批判すべきとも思う

捨てられないからそのままにしてあった

2018年1月11日 19:32 | カテゴリー: おかしくね?, 生活, 住宅 | コメントをどうぞ
タグ: , ,

先日庭で作業してたらいつも使っている物干しスタンドが結構ボロくなっているって事に気がついたのでカミさんに報告。
そしたら知ってはいるけど捨て方がわからない。その前につかっていたものも裏庭に放置してある。。。との事だった。

まぁ一般的な物干しスタンドだ。大体こんな感じのもの。

構成されている部品はプラスチックや薄い金属に樹脂をかぶせたものとネジ類。
ネジを外そうと思ったが硬くて廻らない。オイルしてペンチでやってみたが廻ったとしても出てこないし入りもしない。
力づくで伸ばそうとしても駄目で一般的な道具では解体すら出来なかった。

出来れば危険な道具だから使いたくなかったけれど仕方なくグラインダー使って各部切断して解体した。
ここまでやれば行政のゴミ回収に出せると思う。

でも引っかかるのはカミさんの言動。

不具合あるなら高いものでもないんだから新しいのを買えば済む話なのを捨てるのが面倒だからこのまま騙し騙し使っていると・・・

これってウチだけの話だったらなんだって良い話なんだけど物干し以外にもウチ以外にもって考えたらとんでもない数になるよね?
それで全国で年間どんだけの売上減になっているんだろうかと考えちゃった。
気軽に物を捨てられる仕組みが誰にでも分かり安い簡単な方法で存在すれば世の中もっと景気は良くなっていくんだろうけど、こういった細かい障害がたくさんあるからダメなんだよねぇ

 

ハイゼットS200Vの車検

2018年1月11日 19:18 | カテゴリー: おかしくね?, | コメントをどうぞ
タグ: , , ,

去年年末の事。

信号待ちの時にふとバックミラーの方を見たら車検ステッカーの裏に日付が見えた。
平成29年12月21日となっている。
あれ?今年は平成何年だっけ?と考えていたのが12月19日。。。

信号が変わり走り出してから正気に戻った。

「そうだ!今年は平成29年だ!」

慌てて車を停めていつもの日産ディラーに電話して担当を呼び出した。
いつもは数ヶ月前から電話かかってきたりハガキ来たりで「車検!車検!」と騒いでいるのが今年は全く来なかった。

代車が必要という事と車を引き取りに来てもらわないとならないという事で21日に引き取りにくる事となった。

代車はデイズルークスだった。
「わ」ナンバーだったのでレンタカーなのだろう。
ところがこのデイズルークス。CMで見た限りでは結構良い感じだったけど値段がグレードが高いものだと170万円見えてきたりで軽自動車の粋を違う意味で越えてるって思っていた。

さて、実際問題乗ってみると、まるでダメ感ハンパなかった。

アイドリングストップはとりあえず機能しているし、エンジンOFFにすればミラーが勝手に折りたたむとか最近の流行は踏んでいるのだが、どこかからゴクン!とかたまに異音するし加速とかも俺の商用バンS200Vの方が遥かにマシだった。

これはだめだなーって思ったのはシガーライターソケットが無かった事。
ライターとして使うのではなく、電源として使う事は多いと思う。
もしシガーライターソケットが無いならばUSB端子だけでも欲しい所。
この車に乗っている人はスマホの充電どうしているんだろうと

車を渡した時に税金関係のお金って事で4万円を渡した。

2日後車が帰ってきた。特に異常個所はなかったが、左フロントライトのコネクターが溶けていたので交換したらしい。
ライトが切れた時に物置から適当に持ってきたランプに交換したのが災いしたのだと思う。
ワット数が大きいものを使う時は配線も変えないとだめだよね。

翌日請求書が届いた。正確には覚えていないけど44000円程度を会社のPCから決済した

合計84000円くらいって事になる。
以前、ここに車検出したら大体12万円程度だったのでなんかよくわからんが相当安くなっている

つーか、忘れるなよ

 

2018年 新年明けましておめでとうございます

2018年1月3日 00:55 | カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ
タグ: ,

年が明けて2018年となりました。

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

という挨拶もなんと13回目となりました。

元来パソコン系のブログだったはずですが、いつの間にかパソコンは廃れてしまい、スマホやタブレットという時代になり、固定回線主流から移動体通信へとシフトしていきユーザーが手を出せるところはあまり無くなってしまいました。

秋葉原の話題もPCパーツショップが少なくなり話題もだいぶ減りました。。。
また、面白そうなパーツ等を見つけても使うと違法になってしまうよう法律の方が改正となりこれも話題にだせません。

強い規制がかかるとある時を境界線に一気にダメになるのはバブル規制と同じですね。
ともあれ最近の話題としてはスマホ系とMVNOとかの事が多くなるのかと思います。
それと最近ではウッドデッキを計画していてその地盤作りを素人なりにやっているのでガーデニング系の話題になっていくのかと・・・

なにはともあれ2018年。今年も宜しくお願いいたします

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.