SINCE2004年9月

2018年7月18日 19:03 | カテゴリー: おかしくね?, おばか | コメントをどうぞ
タグ: ,

このブログの初エントリー

なんと2004年の9月だった。当時はマイクロソフトの一部(MSN)として参加したのだったが、途中でマイクロソフトがサービスをやめてしまった。

現在は2018年だからもう15年近いって事になる

まぁこのネット社会では長くやってるからといって何か偉いとかでも無いんだけどね。いつの間にか時間は経過してしまったという事ですな

広告

ジャンク液晶モニターを980円で購入

2018年7月5日 18:03 | カテゴリー: おばか, アキバ, 安物買いの・・・ | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , ,

じゃんぱら2号店さんで昨日中古モニターを見かけた。
別に興味も無かったんだけどお値段が980円って事と配送不可というのとあまり購入しようとおもっても買えない感じのスタンドが付属していた。
じゃんぱらさんの閉店時刻は19:30.閉店近くに電話したらまだあるとの事だったので翌日の今日、車で行って購入してきた。

モニターって感じの方はDELL製でおそらくはアナログテレビ時代もの。だけどDVI-D端子やアナログ端子も備えており、D4端子もついていた。勿論D-Sub端子もついている

これだけたくさんの入力端子があるのもも良い感じ

しかもリモコンまで付属とか親切すぎる!

でもまぁアナログテレビって事は相当古いって事でいくらモニターとして使えるってったって限度もある。

これは今のうちに廃棄しておいた方がモアベターなので早速ハードオフに寄付してきた。

さて残るスタンドだけどVESAとしては100も120も両方使えるみたいだ

普通のご家庭や事務所で使用するものではなくモニター画面の高さ調節も可能だが大体画面が150cm程度になるディスプレイ用のスタンドって事になる

筐体の造りからして相当大きいサイズのモニターもいえる感じだ下部にはガラス製の物置き場所も用意されている

このスタンドは例えばイベント会場とか特定のものの売り出しとかそんな感じの使い方なんだろうね。たぶん

何故に未だにLINEに頼るのかわからない

2018年7月2日 19:59 | カテゴリー: おかしくね?, おばか, コンピュータとインターネット, コンピューターとインターネット, スマートフォン, 通信, インターネット・サービス, PCとか携帯とか | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , ,

先日カミさんのiPhone6が壊れた。
まぁちょっと前からバッテリーの減りが早いとかは言っていたが起動しなくなった。その日のうちにドコモショップへ行き見てもらったがやはりバッテリーが原因との事。

カミさんのiPhoneは基本的に彼女のPCにて充電をしているのでバックアップは問題が無かった。
更にケータイ保障お届けサービスも加入していたので64GBだったが128GBしか無いとの事で128GBとなった。

ここまでは良かったのだが・・・
LINEだけは復活出来なかった。
通常LINEアプリは機種交換の時に前もって準備しておくものだ。
アプリ内で機種交換するみたいなボタンを押して、更にパスワードの発行も行なってから機種交換するものだ。
今回のように突然故障して使えなくなるという事は前提されていない。
つまりパスワードも発行していなければ機種交換するという宣言も行なっていない状態でのアカウント復活は限りなく望みが無い。

ヘルプデスクにメールを送っても、受付ました。受付番号はこうですとメッセージが出る。更に受け付けた証に登録したメールにメールを送る。届かなければユーザーのせいだという意味のメッセージは出るのだが、メールは届かない。しかし5~6時間すると返信のメールは届くのだが、内容は「以前使用していた機種は使用出来ない」と記載したし、その返されたメールにもそのように記載されてはいるのだが、操作方法としては前に使っていた端末を操作して・・・という内容だった。

たぶん、メールの内容を見ないであらかじめ用意されたものを適当に返信しているだけと見受けられる。
ドコモショップみたいに「こーなんだ!たすけてくれ!」と逃げ込む店も無いし、文句を言う相手もいない。
まぁ無料サービスなんて元来そんなもんなんだけど・・・そうもいかない理由もある。
それはもう二度と会えない人達と繋がっちゃってるって場合。
特に海外に行ってしまった人達は携帯電話の番号も変わるしでLINEで繋がっているだけが連絡とれる手段って場合も少なくない。
あとはまぁ電話番号まで聞き出すのはちょっととかメールアドレス聞きにくいとかそんな気分的な問題もある。

でもちょっとまって欲しい。
そんなあやふやな状態で使えているうちは良いけれど、そんな事やらで使えなくなった場合はどーすんの?って話だ。

最近はメールを見るアプリだって進化しててあたかもチャットのように表示されるメーラーだってある

GMAIL用のはこんな感じ

swing mailなんてのもあるし、探せばいくらでも見つかる状態だ。

これだと基本的にメールなのでアカウント消失なんてのは滅多な事じゃないだろうからLINEのアカウント消失みたいなことも無いはず

なんでこういうのに切り替え出来ないんだろう?って考えたらそりゃ昭和の人間には無理だわなぁという答えに行き着いてしまったwww

叩けば直るは本当だったw

2018年6月7日 18:05 | カテゴリー: おばか, | コメントをどうぞ
タグ: , , , ,

昨夜あたりからハイゼットS200Vのエアコンファンから小さな音でカラカラカラカラと音がしていた。

まぁ古い車だしそういう事もあるだろう。次の点検のときにも言っておこうと思っていた。そしたら今日の夕方に気がついた。

エアコンの風が出てこない!!!

コンプレッサーの電気も点くしちゃんと廻っているのだが、風だけが出てこないw
仕方が無いので整備工場にいる友人に電話をかけてみたら、助手席側の右足の右側に大きめな部品があるからスイッチ入れた状態でゲンコツで殴ってみてみてくれといわれた。

言われた通りにやってみたら動いたwww
昭和の時代から壊れたら取り敢えず叩けとかわけのわからない事言っていた人がいたが、これは本当だったって事になるw

まぁいずれにせよ近いうちにダメになるだろうから部品は発注しておいて貰った。

英語教室って役に立つの?

2018年5月23日 20:09 | カテゴリー: ( ;∀;)イイハナシダナー, おかしくね?, おばか, ニュースと政治 | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , , , ,

現在のアメリカ大統領はだれでもが知っている「ドナルドトランプ」氏。

生粋のアメリカ人でありちょっとヤンキーが入ったような感じの人だ。
特徴としては勝手にtwitterでつぶやきまくる傾向が強いw
言葉としてはアメリカの英語といった感じが強く、単語の使い方もかなりアメリカっぽい使い方をする。
だけど、非常に分かりやすい言葉でダイレクトに話すので恐らくはアメリカに住む誰でもが理解しやすい英語なんだろうと思う。

そんな彼が「murder」という単語を使った時にマスコミ各社が「殺人者」として記事を書いていたのだが、実際にはそうではなかった。

具体的には日本を含む貿易相手国の事を「They’ve gotten away with murder」と表現した。本来であれば身勝手な行動をしているのに責任は取らないと批判したわけだが、日本のマスコミは違う訳で誘導しようとした。

海外転勤も当たり前である日本のマスコミ業界に英語がワカラナイ人が多いとも思えないので、これは意図的にアメリカの大統領が日本の事を殺人者扱いしているという方向で記事が掲載された。
内容は「殺人を犯しながら逃げている」という表現だ。
twitterや2ちゃんねる等ではすぐに話題になった。
しかし、正しい捉え方が世間に広まるまでには時間はかかったのも事実。

まぁ、日本のマスコミなんか大抵こういう悪意に満ちた報道をしているのも知れ渡っているから驚きもしないんだが、今回「おや?」って思う所もあった。

それは毎日大金を使って広告を出している英語教室各社の事だ。
英語教室といっても子供向けからビジネス向けまで千差万別なわけだが、この人達は何故こんな話題になっている事をすぐに「違う!こうだ!」って出さないんだろう?
アメリカの大統領が日本の事を殺人者呼ばわりしているという記事は違うんだという訂正ツイートを掲載していたならば、妙な広告見るよりよっぽど信用もつくし、知名度も上がるし話題にもなる。無料で数千万円以上の広告効果を拡散できたはずだ。

やっぱり英語は私達にまかせてねってね

しかも、ビジネス向けの英語教室の場合、「TOEFL」「TOEIC」なんかよりもアメリカ大統領の発言の意味を理解出来る方がよっぽど重要だと思う。

結果的に日本のtwitterでは高校生がトランプ大統領の和訳をするようになった。
(日本語訳)ドナルド トランプ@Donaldtrumpjpnというアカウントだ。

どんな高校生なんだか全くわからないが彼のフォロワー数は現在91,753というとんでもないフォロワーをゲットしてる。
企業アカウントとしても優秀な数字だし、彼が一言つぶやく度にそれだけの広告効果が生まれ続けているという事だ。
知ってると思うがtwitterにはつぶやくだけなら費用はかからない。

生徒数減少による募集活動の会議を繰り返し、多額の広告費を使い、目標数に達しない状況の中、この人達は一体何をやってたのかと思うと、その会社の株主も大変だなぁと思う。

まぁ個人的に他人の事をどうのと説教出来るような立場には無いけれど、このベクトルだと日本の英語教室って何の役に立つのかわからないんじゃないかな?って強く感じた。

日本語の場合、「標準語」という定めがあり、基本的にはどんな相手にも伝わるように考えられている言語。言葉の組み立てが要求される言語であり、一方英語は世界中で使われている為に「標準語」という規定が存在出来ないのでどんなクセのある表現の英語でも最後まで聞いて理解する能力が求められると個人的には思ってる。

だからこそ今回のは本当に大事な事だったはずだし、ビッグビジネスチャンス到来だったんだけど本当に残念だよなぁ。

 

ドコモショップで聞いてみた

2018年3月16日 20:13 | カテゴリー: おかしくね?, おばか, スマートフォン, PCとか携帯とか | コメントをどうぞ
タグ: , , , ,

iPhone6sを使っているんだけど、使っていないXperia XZもあるのでカメラも壊れちゃったし移行することにした。
まぁどうって事もないんだけどLINEの引継ぎだけは自信が無いというか多くの人達が端末変更の際に失敗している。

そしてその際に必要なのはFacebookでの認証orSMSでの認証が必須となる。
Facebookはやっていないので当然SMSでの認証になるのだが、今まで一度も使った事がなかった。
何回SMSを送ってもiPhoneに通知が来ないのでどうにもならなくなり後日ドコモショップ、秋葉原UDX店に聞きにいった。

状況としてはデータ契約である事。SMS受信が確認出来ないとの事。出来れば送信する操作も教えて欲しいとの3点だった。
最初に対応してくれた男性スタッフにその旨を話すと「あぁぁ・・・データ契約はSMS使えないんですよ」との事だった。
それはそれで仕方が無い事だとサッサと諦めて店を出たが、なんか腑に落ちないのでその場で検索してみたらソコモのサイトに出来ると書いてある。
即座に引き返し先ほどの店員を呼び画面を見せると慌てて「少しお待ち下さい。確認してきます」との事だった。

5分程度待っていると別の男性スタッフがやってきてここで見れますと教えてくれた。

そっか、このボタンは今まで一度も触った事が無かったな。。。見ると今まで送ったテスト送信がたくさん入っていた。

さて・・・これはこれで一件落着なんだが、ドコモショップの対応としてはどうなんだろう。
地元のドコモショップだと当たり前に4時間待ちだからこそ秋葉原まで行って聞いているし、4時間待ってからこの対応だったりしたらもう目も当てられない。

勿論彼らもドコモショップの社員ではなく対応を行なう契約をした会社の社員かアルバイトなのだからある程度は仕方が無いってのも理解出来るが。別に珍しくも無いデータ契約を勝手に勘違いしSMSは使えないと即答してしまうのはキャリアショップ失格だと思うよ

まだ余裕あるみたいでなにより

2018年1月24日 18:50 | カテゴリー: おかしくね?, おばか, コンピュータとインターネット, コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ

銀行の担当の人が会社にやってきた。

大した話も無かったのだが、取敢えずインターネットバンキングをやってくれとの事だった。
この銀行のネットバンキングは一度やってはいたのだが、メインであるみずほ銀行だけで十分だったのでその後解約した経緯がある。
だから本来は不要なのだが、会員様からの料金徴収業務が引き落としに出来れば多少の手数料を払ったとしても有意義になる。
そこで各銀行さんがこの話を持ってきた時に要求する事があって、引き落としデータを作成する為のソフトは用意出来るのかと・・・

答えは「わかる人間に聞いてみないと・・・」って事だったので、後日EBがわかる人間を呼んで話をするけっかとなった。

後日EB(エレクトリック・バンキング)の担当の人を交えて話を聞く事になったのだが、彼は銀行のEB担当って事で引き落としデータを受け取った後の事なら専門だが、それ以前の事は専門の人じゃないとわからないと言う。。。
でも、下部組織に○○コンピューターサービスという会社があるのでその担当を後日呼ぶ運びとなった。

そして後日、コンピューターサービスの担当が2名やってきた。
「コンピューターサービス」という名称のソフトウェア専門の会社なので、それなりのモノは持っているんだと思っていた。
そう、この時まではそう信じていた。
名刺を渡されて着席して出された資料に目を通すとそれは私立の学校経営用のものだった。
確かにベクトルは似ているが数百名同じ単価を設定する事は無いし、突発的な請求は全て手打ちになる。
そして科目が10個くらいしかない。
こちらとしてはその項目は1400程度必要になる。
まぁハナからドンピシャのソフトウェアなんて無いんでカスタマイズを自分ですれば良いのかと思ったら設定可能な場所が異常に少ない。
これだとそんなに設定を詰めたとしても毎月数百から千件程度は手打ちで直さないとならない事になる。
そしてカスタマイズをオーダーする事も可能だと言うが価格が最低でも400万円からって言ってた。

その価格帯はうちには無理な予算だし、万一オーダーしてもこの調子じゃきっと役に立たない。

そんで結局、自分がaccessで組んで全銀協データを作れば良いって事になった。
まぁやって出来ない事も無いんだけど勉強しながら作るわけだから時間もそれなりにかかる。

結局この話は「ご破算」って結論になるんだけど、ここに行き着くまでに支店外からの要員調達1名。更に子会社から営業2名を全く違う日に呼んだって事になる。
支店に一人でもわかる人間がいれば時間も要員も不要だったけれど、支店の人間がわからなかった為にここまで時間と人件費を捨てたってわけだ。

実はこの銀行、仲の良い友人が役員を務める会社。この話の途中で話をしてみたら「今、銀行は苦しい状況にあるが、こういった収益を本社は強く望んでいる。だって何もしないで手数料が毎月入ってくるわけだから塾やプール等の月謝的なものがあれば全国的な数字にすれば相当なバリューを稼げるというのだ。

結果的な感想としては、支店は本社に対して気軽にモノを聞ける雰囲気ではないって事とソフトを1つしか有していないコンピューターソフト専門の会社が存在しているって事だ。

俺が経験してきた会社とは違い、一部上場の会社なんかはこことここは全くの別物って雰囲気の壁が高く聳え立っており、下からは気軽にモノを聞ける状況ではなさそうだ。
そういえばみずほ銀行がワンタイムパスワード生成トークンを送付してきた時も支店の人は、それがなんなのかわからなくて本社に電話して「書類もみていないのか」と電話で怒られていた。
ビックリしたのはコンピューターサービスというソフトウェア専門の会社でありながらたぶん開発者はいないのだろう。一回外部に依頼してつくった大規模な集金に対応した1つしかないソフトウェアだけで十数年も成り立ってきたわけだ。
プログラムの書き換えを要するカスタマイズが入った場合は、外部に委託するんだと想像が容易い。

つまりこの○○コンピューターサービスって会社は全くコンピューターの知識や経験がなくてもお給料がそれなりの金額で貰える美味しい職場って事になる。

銀行は今、厳しいとか言いながら結構余裕あると感じた

誰が得するのかわからないサイレント値上げ

2017年11月30日 19:51 | カテゴリー: おかしくね?, おばか | コメントをどうぞ
タグ: ,

モノを作って売る。
当然ながら利益を確保したいが諸般の事情で利益が圧縮されてきて値上げしたいのだが世間のお財布事情も加味するとそうもいかない。。。って時に使われる手法にちょっとだけ減らすという方法がある。

実際問題1Lで販売されていたものが920mlになっていたりコーティングされている調味料の厚みが薄くなっていたりするものが多くなってきた。

それはそれでメーカーの事情なんだろうけどちょっと待てって感じもした。

そもそも製造メーカーにとっては200円で販売されるものの原価って30円くらいだったりするものだ。もしかしたらそんなに無いかもしれない。
ところがその30円分の1割程度を抑えたからといって全体でいくらのプラスが出るんだろう。
そしてそれを買った人達がどう思うのかというと「騙された感」が強い。顧客満足度が激しく落ちるからだ。
じゃぁそんな商品をまた継続的に買うのかというと無理だろう。
おにぎりのメシ粒30粒減らすような値上げじゃなくて価格で値上げして内容を良くしていった方が良い結果になるとは思うな

俺の夢には希望が無い

2017年11月6日 03:29 | カテゴリー: おばか | コメントをどうぞ
タグ: , ,

思い起こせば数十年ぶりという感じでハッキリと記憶に残る夢を見た。

実は3週間位前の事だったのだが、今日になって思い出し、どんな夢だったのか思い出そうとしても思い出せない。。。
忘れようとしても思い出せないとは違う。でも、ハッキリと覚えていた事だけは分かっていた。
暫くしてから再び考えたらアッサリ思い出したのでここに記録しておく
の中で、左鼻夢の穴内部に違和感を感じた。
仕方が無いので指で鼻の穴を捜索してみるとなにやら異物感があったので爪の先で掴んで引っ張り出した。
それはなんと釣り糸!
 
テグスとも言われる釣りに使われる糸である。
太さはかなり大き目の魚用って感じの結構太いテグスだ。
意外な事にそんな重大な事態を目の当たりにしても結構平気だった。
少しするとまた左鼻の穴内部に違和感。
同じようにまさぐってみるとまた釣り糸だった。
最初のは3センチ程度だったのだが、今度は50センチ程度も出てきた
こんなのこんなに出てきて俺の構造は大丈夫なのか・・・とか心配になったが、どういうワケかまた落ち着いた。
暫くするとまたまた違和感。。。。
同じようにまさぐってみるとまた釣り糸がHITした
しかし今回はちょっと様子が違って
1m以上引き出してもいっこうに終わりが見えない!
「うわぁぁああああ!」ってなった所で起床した。
少し頭がおかしいのかもしれない

世界で最初に豆腐を作った人はタイムスリッパーかもしれない

2017年10月12日 16:51 | カテゴリー: おかしくね?, おばか, グルメ | コメントをどうぞ
タグ: , , ,

日本人なら当たり前の食材「豆腐」。

ところがこれ結構世界中にあったりする。
日本、朝鮮半島、台湾、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、インドネシアとか日常的でなければ更に増えるし食べ方も様々なので日本で売ってるソレとはちょっと違うものも多いそうだ。
そして豆腐の起源っての探してみるも結構曖昧な感じで西暦800年くらいに中国で・・・とか書いてる所もあるし、その時代そこには大豆は無かったと反論している所もあり真相は闇の中って感じだ。
でもまぁ、それくらい大昔から少し違う感じのものだったろうけど豆腐はあったみたいだ。

さて・・・豆腐ってのは大豆を煮て絞ってその汁ににがりを混ぜて固まらせたものだ。
そんな西暦800年とか予想もつかないくらい大昔の事。
たぶん最初は手に取った大豆を食べたいけれど硬くて食べられなかったわけだ。
枝豆のうちに茹でて食べてしまえば良かったのだろうが、機を逃してしまったものは硬くなり大豆となる。
これを食べるには「炒る」とか「茹でる」とか「蒸す」なんだろう。水分と熱を加えるのが一番手っ取り早い
中には炒って擂り潰し、ポリポリ食べたり、鬼を追い払ったり、きな粉として使ったのかもしれない
しかし食事にするには不向きなので「煮る」ってのが有効だろう。
そしてとりあえず茹でれば大豆は食べられるのである。

豆腐にするには茹でた大豆を搾る必要があるのだが、茹でただけで食べられるんだから絞るって行動に出た人はあまりいなかったと思う。
甘んじて絞ったとしても絞った中身(おから)の方を食べようとするのが普通で出てきた汁は捨ててしまってたに違いない(そもそも絞らないし)
そして汁に「にがり」というあまり一般的ではないものを適量混ぜて時間置かないと豆腐は作れない。

もしも現代からタイムスリップして大昔に飛んだならば大豆から豆腐までの道は短いものだとおもうけれど、完成形である豆腐を知らないで「なんかわからんがこうなった」みたいな感じでは到底豆腐にはならないだろう。
茹でた豆を絞って出てきた汁を海に捨てたってくらいしか偶然に出来る可能性は無い

世界で豆腐を始めて作った人は結構タイムスリッパーなのかもしれないねw

次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.