高齢者の交通事故

2018年1月12日20:38 | カテゴリー: おかしくね?, , 交通 | コメントをどうぞ
タグ: , , , ,

ここ数年、高齢者の交通事故の報道が多い。
報道の仕方としては
「まーた高齢者だよ。もう免許返納しないさいよ」
という印象を持つように方向を定めて記事を書いているように見受けられる。
しかし、確かに高齢者も事故を起こすけどそれ以外の人も事故をおこしているのも事実。
違うのは報道されたかされていないかの違いしかない。
昨年年末に弟の嫁さんが事故にあったが、全く報道されなかった。当たり前といえばそうなのだが、仮に相手が高齢者だったらと考えるときっとテレビのニュースで紹介されていたんだろうと考える。

脳内での予想はこうだ
記者「デスク!高齢者の交通事故見つけました!」
デスク「お!!!やったな!偉いぞ!どんな事故だ?」
記者「発進しようとしてバックでコンビニに突っ込んだようです!」
デスク「やったね!ばんざい!すぐに画像を集めて来い!記事はいつものようにボケちゃった高齢者だから当然って感じに書いておけ!!」
記者「わっかりやした~~いってきま~す」
デスク「気をつけてなーー!」
とかやりとりしている姿が目に浮かぶ
もうこうなったら取材する側が高齢者になるまで続くしかない

高齢者の運転には考えていく必要はあるけれど、報道の仕方を見ると高齢者は全員運転したら悪そのものであり無責任であると感じるように文章が成立する。
確かに一定の機能が萎縮してしまった場合は危ないのも事実なんだけど、東京郊外あたりだったら車が無くとも生活は出来る。
しかし田舎といっては怒られるかもしれないが、次の電車が5分以内に来ないような地域では車が無いと生活そのものが困るというジレンマもある。
本来ならばこういったケースをケアしていくのが社会福祉というものだけど現在の地方行政は国や地域の正義のためには機能しているとは言いがたい。

前文で電車が5分以内・・・といったけれど、5分以内の地域でも高齢者がタクシーを呼んだって大抵は断られる。
高齢者ほど歩くのがリスクだからこそ連れてってくれる足が必要で多少割高であってもタクシーを使おうと電話をかけるもいつも返答は「いっぱいなので行けません」という内容だ。
まぁタクシー会社にしたって高齢者が行く場所って本当に近いから儲けが薄いのも事実だけどタクシーすら来てくれないのに車を運転出来ないというのはもうずっと家にいろという事になる。

高齢者から免許を取り上げる運動には反対はしないが、車が無くとも当たり前の生活が出来るようになってから批判すべきとも思う

広告

ハイゼットS200Vの車検

2018年1月11日19:18 | カテゴリー: おかしくね?, | コメントをどうぞ
タグ: , , ,

去年年末の事。

信号待ちの時にふとバックミラーの方を見たら車検ステッカーの裏に日付が見えた。
平成29年12月21日となっている。
あれ?今年は平成何年だっけ?と考えていたのが12月19日。。。

信号が変わり走り出してから正気に戻った。

「そうだ!今年は平成29年だ!」

慌てて車を停めていつもの日産ディラーに電話して担当を呼び出した。
いつもは数ヶ月前から電話かかってきたりハガキ来たりで「車検!車検!」と騒いでいるのが今年は全く来なかった。

代車が必要という事と車を引き取りに来てもらわないとならないという事で21日に引き取りにくる事となった。

代車はデイズルークスだった。
「わ」ナンバーだったのでレンタカーなのだろう。
ところがこのデイズルークス。CMで見た限りでは結構良い感じだったけど値段がグレードが高いものだと170万円見えてきたりで軽自動車の粋を違う意味で越えてるって思っていた。

さて、実際問題乗ってみると、まるでダメ感ハンパなかった。

アイドリングストップはとりあえず機能しているし、エンジンOFFにすればミラーが勝手に折りたたむとか最近の流行は踏んでいるのだが、どこかからゴクン!とかたまに異音するし加速とかも俺の商用バンS200Vの方が遥かにマシだった。

これはだめだなーって思ったのはシガーライターソケットが無かった事。
ライターとして使うのではなく、電源として使う事は多いと思う。
もしシガーライターソケットが無いならばUSB端子だけでも欲しい所。
この車に乗っている人はスマホの充電どうしているんだろうと

車を渡した時に税金関係のお金って事で4万円を渡した。

2日後車が帰ってきた。特に異常個所はなかったが、左フロントライトのコネクターが溶けていたので交換したらしい。
ライトが切れた時に物置から適当に持ってきたランプに交換したのが災いしたのだと思う。
ワット数が大きいものを使う時は配線も変えないとだめだよね。

翌日請求書が届いた。正確には覚えていないけど44000円程度を会社のPCから決済した

合計84000円くらいって事になる。
以前、ここに車検出したら大体12万円程度だったのでなんかよくわからんが相当安くなっている

つーか、忘れるなよ

 

激増が予想される無保険車をどうするか

2017年12月27日19:17 | カテゴリー: | 2件のコメント
タグ: , , , , ,

2週間ほど前になるが、弟の嫁さんが自宅付近で車を運転中にセンターライン超えて対向車がぶつかってきたとの事。

幸いにもお互いに体には異常が無く車だけの損傷で済んだらしい

こちらの車は買ってまだ数ヶ月のファミリーカーでフルオプション。総額300万円程度。

警察を呼んで調書を取り、責任の所在は相手側にあるという所までは説明を受けたらしい。

するといつの間にか体に損傷がないと言っていた相手は入院してた。。。

弟に聞くとタクシー代や車の修理代の話をしても「お金が無いから払えない」との事。
任意保険は?と聞くと無保険だった。当然ながら自賠責には加入しているが自賠責保険はモノには出ない。
こちらは車両保険と弁護士特約が付いていた。
加入している保険会社曰く「今回は相手側が100%悪いのでこちら側からの交渉は出来ません」と言われたらしい。
要は請求書出して出た金額そのまま払うのが筋って事になるらしい。

そんなこんなで相談されたが公的な書類も無くただ話しだけで判断ってのも危ない。

そもそもセンターライン超えで当たったっていうならば考えられるのは「よそ見」、「寝てた」、「酔ってた」、「違う人が運転してた」かのどれかなんだろうけど、今回そういった検証は無かったらしい。警察大丈夫か?って思ったけどこれも聞いた話。

俺が進言したのは、事故後の対処がプロっぽいので自分で交渉するなって事。
次に大抵は無料では済まないんだろうけど保険の弁護士特約を使って相手の資産を押さえる手口。まぁこれにいくらかかるのかはわからない。

次に考えたのは本来相手が払うべきお金を相手が払ってくれないという理由で保険請求すると当然保険会社は「元来うちが払う必要のないお金」って事になり当然保険会社は払うんだろうけど必ず取り立ては出来る限りするだろうという作戦。

まぁ今回の事故がどういう顛末になるのかはわからないけれど気軽に無保険の車が走行しているってのがもう根本的にだめ

一応法律では自賠責に加入していれば公道を走行しても良い事にはなっているが先にも述べたとおり自賠責は人にしか適用されないので今回のように車両の修理や移動の際に必要となったレッカー代や修理代その他は自賠責保険からは出ない。
そうなると本当に貯金下ろして払うって事にはなるのだが、日本の法律的に本当に払う金が無い場合は払わないでも済んでしまう。
まぁそれが本当なのかどうかは調べが入るんだけど基本的には住んでいる家屋や生活に必要なお金は使わないで済む様になっている。
相手が所得が低く、処分できる不動産も無い場合は泣き寝入りするしか無いケースもある。

それはそうと、今回身内でこういった事が起きてしまったから色々考えたんだけど、これから外国からガンガンお金の無い人がやってきて日本でボロ車買って乗ってたりする場合、任意保険に入らないケースは容易に想定出来る。
そういう人にぶつけられても何も保障されないんじゃないかと・・・

本当にヤバい事故だったらそのまま港行って貨物船に潜り込めれば日本の警察は手を出せない。
外国から人を呼ぶならばこういった側面も法律整備しなおさないとバランス崩すよね。

今回の事故に限って言えばこれに対抗する手段は自分もボロボロ車に乗るって事しか被害金額を抑える事が出来ない。
まぁ個人的な感想だけど、マンションが買えるような高級車だったらもう2~3台は買える余裕はあるんだろうけどなけなしの貯金おろして買った新車のファミリーカーだと中途半端に被害金額大きくなるし修理代も出してもらえないだろうしで効率悪いしリスキーだ。
結果的に新車は買わないで安い中古を壊れるまで乗る方法が一番の備えとなり結果的に車の売上は激減するだろうし車両保険も無用となる

そうならないよう法律の改正して欲しいと願う

セブンの駐車場で他人の車にこすってしまった

2017年12月16日10:11 | カテゴリー: , 交通 | コメントをどうぞ

土曜の朝は出勤が早い。
比較的急いで身支度をして自宅をでる。
いつものセブンイレブンでアタマから車を駐車して買物してサッサと会社に向かい。。。とバックしたら何かに車が当たった。
俺が車に乗るときにはそこには何もなかったのだが、どういうワケかそこにワゴン車がいた。
スグに停車したから「当たった」というよりも「こすった」という表現が正しいのかしれない。
しかしここは私有地でもあるし警察を呼ぶには及ばないのでこちらの連絡先と相手がこれからやるべき事を言って退散してきた

面倒な事にならなきゃいいけど・・・

フリード GB4リアスライドドアにシートベルト巻き込む

2017年11月25日15:27 | カテゴリー: | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , ,

昨夜の事だったが、カミさんからLINEが入った。
実家に夜ご飯を恵んで貰いに行った時にやっちまったとの事。
フリードの電動スライドドアを閉める際にシートベルトを巻き込んでしまい、開かなくなってしまったとの事。

警告音が鳴りっぱなしになる事もなく走行は出来るとの事だったので帰宅してもらい俺も帰宅してみてみた。

確かにベルトを巻き込んでいる。ドアノブを内側から操作しようとすると動かない。
助手席側の構造を確認してからシートベルトを引っ張りながらドアノブを少し力入れて操作してみたら「ガコン!」と音がしてドアが開いた。
電動機能は異常を感知して動作を止めていたみたいだ。

まぁ直って良かった良かった

秋のタイヤ交換でスタッドレスタイヤへ

2017年11月17日20:09 | カテゴリー: | コメントをどうぞ
タグ: ,

毎年10月終わり頃にはいつもスタッドレスに代えているんだけど、今年は台風とか多くて遅くなってしまったがスタッドレスタイヤへのタイヤ交換を済ませた

自宅にて油圧ジャッキを使用し、十字レンチでコツコツと。。。

このスタッドレスタイヤもこれで3年目になる。

しかもここ2年雪は降っていないw

滅多な事じゃ雪は降らないが一応タイヤとチェーンは容易しておくのだ。

そうじゃないと後で困る時もあるかもしれない

でも、軽自動車のタイヤ交換は楽でいいね。

裏庭からタイヤ運ぶのも2つ同時に手で持ち上げて運べるもの価格も安いしやっぱ軽自動車はいいよね

車検の代車はFITハイブリッド。オプションてんこ盛り

2017年9月18日21:38 | カテゴリー: | コメントをどうぞ
タグ: ,

フリードの車検で出てきた代車がFITハイブリッド。水色ってのにドン引きしたが、ハイブリッドだった。

試乗なんかは経験あったけどじっくり乗るのは初めてだった。

さて、昭和の時代と比べるとキリがない。
だからザックリと印象を書きとめておく。
元々FITはフリードより小さくて同じガソリン車でも燃費はFITの方がいい。
それは車の大きさが違うし重さも違うから比較にはならない。

さて、この水色のガンダムみたいなFITだけどクルーズコントロールやら衝突防止機能やら死角になるところの距離やらを教えてくれる。。。
そもそも小型ファミリーカーにそんなの必要か?とも思えるが、それより大きな特徴はハイブリッドだって事かもしれない。
始動はボタンを押すと始動するのだが、エンジンが必ずかかるわけでもないので戸惑うw
そしてシフトレバーがイマドキ仕様だった
そのまま下側にひけばローなのだが、ブレーキを踏まないとだめらしいw
ドライブに入れるには右にスライドさせて下にするとドライブになる。

このシフトレバーはどこに入れても手を放すと自動的に元の場所に戻る。昭和の流れが忘れられない人はこれでかなり戸惑うじじいの証w

インパネ右側はハンドルについているボタンで切り替えになっていてタコメーターを表示する事も出来るしh、燃費を表示するのも出来る。現在バッテリーで走行しているのかエンジン使っているのがわかるビジュアルも選択出来るが同時には表示できない

気になる燃費だけどフリードガソリン車でリッター11km/Lといった走行で約17km/L程度。元々FITが燃費良いので15km/L程度走るとすればその差は僅か。
それでいてバッテリーの交換にはアバウト40万円程度というから月のガソリン代金が5万円くらいいかないとペイしないのかもしれない

それと気になったのは超低速時にアクセルの反応がにぶい。
これはバッテリー走行している時とエンジンがかかった時とで大きな差が出るのでちょっとだけ踏み込んだだけでグバ!ッと車が出てしまう事もあるしそうでない時もあるので慣れない現象だと思う。
そして車の慣性を無駄にしないように設計されたブレーキも超低速でいきなりガク!っと効く。

まぁ2日だけだしそんなもんだけど、やはりまだハイブリッドは要らないと思った。
でも、昭和の時代にターボだスーパーチャージャーだって言ってた加速を早くする機能としてはハイブリッドはかなり使えるのでこういった方向性は今後強くなっていくのだと思う。
改造方法も変わっているんだろうなぁ。モーターを強力なやつにするとかバッテリーを要領アップとかミニ四駆みたいになっていくのかなぁ

フリードGB4、初めての車検

2017年9月18日21:06 | カテゴリー: | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , ,

フリードを車検に出した。
なんともうあれから3年も経っていたのが感慨深い。
車の購入時に車検パックなるものに加入していたので税金とか手数料のみの支払いで5万ちょいだった。
ただまぁ、車検パックが8万円したわけだから13万かかったって計算になる。
初回の車検で8万は高いよなぁと思う。ってなワケで次の車検パックはお断りした。
なんでもバッテリーが今は大丈夫なんだけどもう少しで要注意ってレベルになるから交換しますか?と電話かかってきたんだけど、自分で交換しときますと答えておいた。
冬までには交換しとこう

売れるわけがねーだろw

2017年8月22日20:59 | カテゴリー: | コメントをどうぞ
タグ: ,

最近よく「車が売れない」とか「バイク売れない」とか「若い者が免許取らない」とか話題になっている。

俺はこれ、「当たり前じゃん」としか思わない。

まぁどこに居住しているのか。。。ってのは大きいけれど

バイク・・・特に50cc、通称「ゲンチャリ」
昭和の時代は一世風靡して一気に車種が増えたよね。
一世風靡した背景には

  • ヘルメット着用義務無し
  • 駐車違反無し
  • バイク代激安
  • 当初から燃費良かった

なんて背景があって更に交通網も今ほど便利ではなかったし料金も今から見れば当時は割高だったので一世風靡するのが当たり前だった。
今まで不便だった地域の人達が駅前に買物行くのには最高だったし、今なら電車で通学するような所も原付で行けた。
逆に今ではヘルメット必要だしヘタに置けばすぐに駐車違反取られるしメッチャ高くなったしパワー出ないしで良い所が相当減ったと思う。
何より到着した場所に置けないってのは致命的だよね

次にクルマ。
これも時代と共に環境が変わってきていてコストの側面、リスクの側面、法律的な不公平などが起因していると思ってる。それと昭和の若者男性の考えていた事と平成の若者男性では内容が全く違う

まずは昭和の男性だと「女性にモテる為だったら死んでも構わない」とまでは言わないがそれに近い感覚はあった。
なにより女性を守ろうという根底意識は非常に強かったから、女性の為に無理をしてでもクルマ等を購入し一緒にいようと涙ぐましい努力した人も多いだろう。
現在だと女性を守る前に自分を守らなければならないし、女性の方が権利が強いのでかかわらないほうが得策でもある。特にリッチマンほどリスク高いのはどうにもならない

コストの面では原油価格が激落ちしててもガソリン価格は変わる事は無く、原油価格があがるとガンガン上がる。
一方自動車保険は上昇している。
おじちゃん、おばさんなら我慢出来る範囲だが、20代ともなると異常な金額になるので萎える。
更に車両価格の上昇も凄い。
モビリオGB1からフリードGB4へ買い換えた時も「何故こんなに値上がっているのか戸惑った。
買わなかったが、トヨタのシエンタなんて諸費用オプション込みで165万円だったのがモデルチェンジしたら素のまま価格で220万円くらいだったから260万くらいになるのだろう。そしたら100万近く値上がっている事になる。
横滑り防止装置とか街乗りファミリーカーに必要なんだろうか?
軽自動車だって充実装備のミニバンだと200万円見えてくる。
ガソリンを話題に出すとハイブリッド等も話題に出てくるけれど、これもバッテリー交換価格を視野に入れると割に合わない。今のところハイブリッドならトヨタ一択だが、車両買うときに高いのだw

最後に免許の取得。
これも住んでいる地域によって大きく必要性が変わるんだけど、首都圏に住んでれば電車、自転車、徒歩でなんとかなってしまう。クルマに乗る必要性が殆ど無いのだ。
更に今の若い人達はとても頭が良い。意地とか面目とかよりもリスク管理が出来ている。
そんな彼らたちの目から見たら交通社会の中でもっとも弱者がクルマ。最強が歩行者って事になる。
曖昧な事も加味すれば、自転車が最強って事になるのは当然。
自転車だと傘をさしていけないとかスマホ見ながら運転だめとか酒酔い運転だめとかの制約はあるものの実際問題それの取り締まりは無いに等しい。お金もかからず駅前に駐輪したって非常に安価で済む場合が多い。それでも山坂道がある所では自転車無理だったけれど最近では電動自転車が性能上がってきているのでそれも気にならない事が多くなった。
歩道は自転車だめ→車道を走る→道が狭いのでクルマは自転車を追い抜けない→結果的にクルマは自転車と同じ速度で走るしかないのだ。
全く楽しくない。こんな現実を今の人達は親の運転する姿を見ながら育って来ているので当然ながら免許の取得に気乗りしない。
また、時代も変わり、あんな事に20万円という教習所に払うお金を出したくないという金銭感覚もあるんだろう。
昭和の男はどんな事をしても稼いで免許とって車買って女の子乗せて遊びに連れて行くんだ!って思ってたけれど平成の人達にはそういった感覚は希薄だ。
逆に自分で運転して遊びに行こうという女性も少なくなった。
これはやはりコストとリスクが大きな要因だと思う。

長文書いてしまったけれど、まとめると今の時代高い金払って免許とって割高なクルマ買ってリスク背負って大して面白くないって馬鹿なの?と言う感じかなぁ

まぁ自分は毎日2台の車乗っているけれど、俺は昭和の人だしなぁ。
クルマやバイクに対する憧れみたいなものが青年期に大きかったから仕方がない。
でも、毎日車運転していて「楽しい」なんて思った事はここ20年以上1度も無いのも事実

ハイゼットS200V タイヤ交換

2017年8月1日18:26 | カテゴリー: , 安物買いの・・・ | コメントをどうぞ
タグ: , , , ,

最近少し気になってたハイゼットのタイヤ磨耗。
時間もあったのでいつもの車検タイヤセンターへ行って来た。
といっても知らない人が多いだろうけど、ジョイフルホンダ千葉ニュータウン店といえば知ってる人も多いはず

お気に入りのダンロップ エナセーブは14800円にバツマークが書いてあった。
店内に入りスタッフに声をかけようとするも誰も対応出来ない状態で、ここはさすがに敷居が高いw

それでもまぁなんとか対応してもらって価格を聞くと全て込み税込み10800円だって言うので「それでお願いします」って事になった。

待ち時間は1時間程度。まぁお昼時だったのでフードコートでランチしてたら電話がかかってきた。
当たり前ながら新しいタイヤになっていた。

平日の昼時でこれなんだから土日は更に敷居が高いのは確実でよっぽど時間に余裕もって行かないと休日の予定がタイヤ交換だけで終了してしまうかもしれない。

でもまぁ、このタイヤ地元で買うと全部で2万円程度だから少し離れていてもやっぱ千葉まで行くよなぁ。

次ページへ »

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.