ソーラー充電バッテリー及び過充電について注意点

2017年7月10日19:32 | カテゴリー: セキュリティ, PCとか携帯とか, 安物買いの・・・ | コメントをどうぞ
タグ: , , , , , ,

去年の11月に売れ残って安くなっていた太陽光充電モバイルバッテリー
いつもは必要ないのでクルマのダッシュボードに置きっぱなしにしておいた。
ふと気が付くと内部でバッテリーが膨張していた。
使用されているのはリチウムバッテリーだけど、フル充電されても過充電防止機能が付いていないらしい。
まぁ、それはそれなんだけど、これ放置しておくと非常にやばい事になりがちだ
過充電で最悪どうなるかは実験動画があったので掲載

実験装置だからこそ消化装置も用意されていて無事なれど、これが無人の家で起こったら確実に火事に発展する勢いだ。
クルマだって駐車場内で車両火災になっているに違いない。

万が一の時には便利そうなソーラーバッテリーだけど、「万が一の時になってから充電」するのが得策のようだ。
どこの国で生産されているのかわからない、または販売代理店もあるのかどうか怪しいとか万が一の時に賠償能力が無いような会社のものだと火事になったとしても責任を追えないのかもしれない。
そうなると自己責任って事になるから泣き寝入りしか事実上の道はないんだと思う。

モバイルバッテリーのみならず太陽光で動くラジオだとかも内部にバッテリーを装備してるし、防災グッズの再点検が必要になってくるのかもしれない。
ソーラー式でなくても過充電防止機能が搭載されていない端末なども要注意だ。
例えばNECのMR03LNは信じられないほどバッテリーが膨張したりする。
勿論、バッテリーを交換するのが一番だが、amazonあたりではサードパーティー製のものが安く販売されていたりするが、これはどうなんだろうと首を傾げざるを得ない

でも、純正品は高かったりするのでバッテリーが膨張してしまったら使用をやめるのが得策だとも思う
発火は怖いよなぁ

広告

一応、念の為に書いておこうかと

2016年9月19日02:35 | カテゴリー: スマートフォン, PCとか携帯とか | コメントをどうぞ
タグ: , , ,

韓国サムスン製のギャラクシーノート7及びギャラクシーS7が突然発煙、発火、爆発するという現象が世界中で起こっていて大変な事になっている。
その辺の記事は自分で探せばいくらでも出てくるので調べて欲しい。

素人考えで申し訳ないのだが、安全の為には電源を切りと表現している記事が多い。
しかし、原因がバッテリー内部における短絡であった場合は電源をOFFにしてもだめだ。
燃えたとしても大丈夫な場所に保管すべきだと俺は思う。
今までだったらカバーを外してバッテリーを取り外すって事も出来たのだが、この2機種は接着剤で付いていたり蓋が開かないとかでよほどのマニアでもない限りバッテリーを外す事は出来ないと思う

また、配送業者さんも早めに対策しないと配送中や倉庫での発火とか恐ろしい事が起こるのかもしれない。
原因がハッキリするまでは危険物の輸送と同義だと思う。
既に航空会社では機内持ち込みを禁止し始めている

自分で出来るリスク回避は使用を中止する事という単純な事ではなく、燃えたとしても大丈夫な場所に保管する事。
布団やベッドで充電しながら寝るとかかなりヤバいと思う。
コトがコトだけに暫くすれば原因その他はアナウンスされるんだろうけど、自宅や会社で火事とかシャレにならないからギャラクシーユーザーは注意を徹底してくれる事を望みます

TDKが探しているそうです

2013年3月28日22:21 | カテゴリー: おかしくね? | コメントをどうぞ
タグ: , , , , ,

TDKが昔販売した加湿器が原因と思われる火災事故が発生したためにTDKは該当する加湿器を回収しているとの事

1998年8月から販売していた製品で1991年1月にリコールが出ていたものらしい
ちなみに現在は2013年だから既に15年程度が経過している
対象品番はKS^500H、KS-300W、KS-31W、KS-32Gの4品番で5000円で買い取るとの事だが詳しい事はTDKに問い合わせるのが良いだろう

さて、火事を起こしたり事故が起きたり重大な事に繋がる家電や家庭内の危惧。
製造者の責任が問われるのは当然だが、製造者の責任というのは永久に続くのかどうか疑問でもある
今回TDKという会社だったが、この会社は現在も継続しているから責任とれるワケだが、これが既に会社が無くなってしまっている場合だったらどうなんだろう>
またアキバの街で買ったどこのだかわからない器具だったらどうなんだろう?
イオンとかでよく中国製の家電を安く売っているけど、これが10年後に発火した場合はイオンは責任をとるのだろうか?
「イオン」という強力なバックがあればまだなんとかなるが、個人ベースで輸入されたような海外製品の場合は10年以上経過した時に爆発とか発火とかした場合どのような処置がなされるのか俺は知らない

・製造者の責任はいつまでなのか
・海外製品の場合はどこが責任をとるのか

このふたつはどうなっているんだろうねぇ

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.